category_%e5%8c%bb%e7%99%82%e7%a8%8e%e5%8b%99

豊中の税理士事務所「あさの会計」は、決算予測に力を入れ、節税対策にも対応しています

豊中市にある会計事務所「こちら大塚公園前」

あさの会計

index.php

医療税務

診療所の自由開業制に少し見直しも!?

現在厚生労働省で開催されている「医療従事者の受給に関する検討会」の「医師需給分科会」で、自由開業制に見直しを検討していく内容の記述があります。 http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10801000-Iseikyoku-Soumuka/00001773...

続きを読む

⑮都道府県から定款変更の認可等

⑮都道府県から定款変更の認可 都道府県から認可を受けた場合は、厚生労働大臣へ報告する必要があります。 ⑯定款変更の認可を受けた旨、厚生労働省へ報告 定款変更の認定を受けた認定医療法人である旨を記載した定款変更について、都道府県知事の認可を受けた場合には報告する必要があります(施行規則附則6...

続きを読む

⑭都道府県へ定款変更の申請

⑭都道府県へ定款変更の申請 厚生労働省から移行計画の認定通知書を受理したら、次は都道府県知事あての定款変更申請です。 提出資料は基本的には以下の通り ・定款(案)(移行計画の認定を受けた認定医療法人である旨の記載があるもの) ・社員総会の議事録 ・移行計画の認定通知書の...

続きを読む

⑬厚生労働省から認定通知書受領

⑬厚生労働省から認定通知書受領 厚生労働大臣あてに移行計画の申請を直接実施すると、後日認定通知書が送付されてきます。 ちなみに少し前のお話ですが、平成26年10月からの1年間における移行計画の認定事務の平均処理期間は、申請(受理)から認定まで、およそ3週間(土日含む)だったそうです。 ...

続きを読む

⑩厚生労働省あてに直接(都道府県を通さず)申請する

⑩厚生労働省あてに直接(都道府県を通さず)申請する 申請に当たって必要な書類は以下の通りです。 ・移行計画認定申請書(附則様式第1) ・移行計画(附則様式第2) ・出資者名簿(附則様式第3) ・定款(案)(移行計画の認定を受けた認定医療法人である旨を記 載したもの)及び新旧対照表 ・...

続きを読む

⑨移行計画の申請について社員総会で議決を得る

⑨移行計画の申請について社員総会で議決を得る。 この際には合わせて定款変更についての決議も同時に得る必要があります。 移行計画について 議決を得ます。 実際の申請書類についてOKを貰うということが建前ですので、提出書類について目を通していただく必要があります。具体的には、 ・移...

続きを読む

⑧移行計画の認定

⑧移行計画の認定 持分なし医療法人への移行を希望される医療法人で、税制措置や融資制度を利用される場合は、以下の手続きが必要となります。 1.移行計画の申請 2.移行計画の認定を受けた旨を記載した定款への変更 次回以降は手続きについて関係についてご説明いたします。...

続きを読む

⑦医療法人関係者への事前説明

前回はスケジュールの作成でした。 次の段階は 「医療法人関係者への事前説明」です。 ご家族が中心となると考えられますが、 「当医療法人を持分のない法人へ移行しようと思う」 ということのお話です。 結果、最終的に 「持分放棄してもよいか?」 という内諾を得る...

続きを読む

⑥スケジュールの策定

⑥スケジュールの策定 社会医療法人や特定医療法人に移行する場合には、 それぞれ要件が厳しく、無理のないスケジュールを策定する必要があります。 というのも、移行計画の認定は1回限り。 認定後に取り消しとならないように、十分検討しましょう。 基本的な移行の流れはすでに記述していますので...

続きを読む

⑤移行における税制面での金額的なメリットがあるか試算

⑤移行における税制面での金額的なメリットがあるか試算 出資持分の有無でかわるところは、 ・払戻請求権 ・残余財産分配権 です。 これらの権利を財産として認識せざるを得ないのは「相続・贈与」の局面。 考えるポイントは、 ・今の評価と今後の評価 ・今の出資持分の全財産に占める割合...

続きを読む

あさの会計

税理士:浅野直人(asano naoto)
所在地:〒561-0881 大阪府豊中市中桜塚3-13-15-101
電話:06-6850-1560  FAX:06-6152-6150
営業時間:9:30~17:30