category_iryouhoumu

豊中の税理士事務所「あさの会計」は、決算予測に力を入れ、節税対策にも対応しています

豊中市にある会計事務所「こちら大塚公園前」

あさの会計

single.php

閉院時のカルテの保存について

【原則】
法定保存期限:5年。

しかしながら、損害賠償請求権は10年ありますので、そこまでは保存する方がよいでしょう。

【カルテの管理責任】

医師法24条第2項。
「病院又は診療所に勤務する医師のした診療に関するものは、その病院又は診療所の管理者において、その他の診療に関するものは、その医師において、5年間これを保存しなければならない。」

→管理者が保存します。

【ケース別】

管理者死亡時

→管理者死亡時に管理責任は消滅し、厚労省通達(昭和47年8月1日医発第1113号厚生省医務局長通達)により、行政機関で保存することが適当とされています。実際には遺族と保健所との相談になるかと。

 

継承する場合

→厚労省ガイドラインQ&A「カルテは継承後の医療機関へ引き継ぐことが可能になっていることから、引き継いだ先の医療機関の管理者にカルテ管理の義務発生する。」とあり、管理責任も移行する。

 

継承せず閉院の場合

→5年間の保管が義務。できれば損害賠償請求の10年を視野に入れて保存する。損害賠償に対しては、医師賠償責任保険の特約(閉院後にも賠償責任が生じた場合の補償の継続)は確認したいです。

 

【保存方法】

電子カルテ

→HDなどに保存できますが、取り出すときに必要なソフトが必要になるケースも。要確認です。

紙カルテ

→保管スペースを確保して保管。民間保管業者に委託するのも厚生労働省のガイドラインに沿った管理ができる業者を選定する必要があります。

あさの会計

税理士:浅野直人(asano naoto)
所在地:〒561-0881 大阪府豊中市中桜塚3-13-15-101
電話:06-6850-1560  FAX:06-6152-6150
営業時間:9:30~17:30